くうと徒然なるままに

モバイルアプリを作りながらバックエンドも作っています。

#iOSDC の #Wantedly の スカラシップに 落ちたのかもしれない

iOSDC 2018 の 学生向けプログラムである以下のプログラムに申し込みしました。

iOSDCにスカラシップスポンサー枠で参加したい学生Wanted! - Wantedly, Inc.のモバイルエンジニアインターンシップの求人 - Wantedly

現在の状態

Wantedlt 社から何の返信もないです。現在は企業からの返信待ち状態です。

f:id:kuxumarin:20180830124200p:plain

f:id:kuxumarin:20180830124456p:plain

言いたいこと

プログラムに落ちたのなら落ちたで連絡がなければ予定を入れることもできませんでした。

Wantedly 社 が募集している同様のプログラムに応募する人は返信がなく予定に穴を空けてしまう可能性についても考えたほうがいいと思います。

iOSDC の分の予定を開けていたので暇になってます。一緒に遊んでくれる人 Wanted!

東京でホテル暮らし1ヶ月の雑な感想。田舎人が都会の荒波に揉まれた記録ともいう

田舎に住んでいる人が東京にホテル暮らしをして1ヶ月が経過しました。
嘘です。

本当は、3週間と数日たちました。

記述すること

  • 東京辛いお話
  • 田舎と東京あまり変わらないお話
  • 東京楽なお話
  • 生活費

定義

私が東京の中で行った場所 (=経験)

  • 恵比寿
  • 日本橋
  • 六本木
  • 渋谷
  • 品川
  • 目黒

東京辛いお話

一部の都市が汚い

東京は汚いというのはたまによくネタにされますが、これはちょっと辛い。
けど、場所を選べば大丈夫な印象があります。

この前渋谷で歩いてたらネズミが走ってました。怖い

田舎と東京あまり変わらないお話

朝起きるの辛い

10時出社な会社が多いです。大学へいく時より起きる時間は遅かったですがどちらも辛かったです...

Suica で支払いを完結できない

田舎な個人が経営しているお店ではSuica で支払いをすることができないことはよくあります。
とはいえ、東京でも同じ比率ぐらいで Suica で支払いをすることができないです...

{任意の都市名} と比べて東京は [冷たい | 温かい] 人が多い

そんなこと言われてもその人次第なのでは案件ですが、個人的な意見を記述します。

個人的にはどちらも変わらないかなと。温かい人はどちらも多いし、冷たい人は両方にいますし。

東京楽なお話

車を持たない貧乏学生でも色々な場所へ行ける

田舎にも色々な楽しい施設や場所は存在しています。しかし、車で行くことが前提になっており車を持つことができない貧乏学生の行動がかなり制限されます。

人が多い

これは仕方がないです。また、どちらの方が良いのかは人により別れるかなーと思います。 個人的には、暇になったらツイートを適当な人に飛ばすと雑に遊べれる東京は良いなぁと思っています。

会社が多い

IT 系の企業に限ると9割の大手企業が東京に集中している体感があります。

雑に遊びに行けるので非常に楽だし、機会を損失しないので良い。

生活費

ずっと企業のお金でホテルに止まっているためそういった方面ではお金はかかってないのでよくわかりません。
生活費を分類すると以下のようになる前提で話していきます。

  • 食費
  • 電車代

食費

恵比寿、六本木、日本橋 は流石に食費が高いかなと思います。ただ、値段差は+ 500円ぐらいかなと思っています。

チェーンとかは値段変わりませんし、美味しさに関してはよくわからないです。

電車代

かなり違うと考えています。 私の家の近くでは200円出しても1駅しか進めません。
しかし、東京ならば、東京メトロ等を使うと大抵の場所に行ける気がします。 また、終電もかなり遅いためタクシーで帰るとかのイベントが発生しにくいので楽。

まとめ

とりま1ヶ月記念で書いてみました。後で見返して気持ちの変化を察してみたいと思います。

クックパッド インターンシップ 2018 Summer に参加してきました。

クックパッド社内Wiki 的なところに投稿し忘れたのでブログに一部改変して投稿します。
また、内容は具体的な内容ではなく感想的なところを中心に(具体的な内容はクッ社の技術ブログに投下されるのでは?的な

写真等は面倒なことがあるとあれなので基本的に掲載しません。

どんなインターンシップ?

会社について

クックパッド というレシピ共有サイトを運営している会社で 料理を楽しく してくれる会社です。

食べるの大好きです。

期間

2週間でした。前半にがっつりインプットして後半でアウトプットしていく感じの。
前半でサービス開発についてしれたりするのが特徴的かな。リーンスタートアップとかそこらも触れてて良い感じ。

使用したPC

PCはMacBook Pro 15inch を借りました。

i7/16/512(SSD) な感じで基本的人権は確保されています。

ただ、US配列なのでJIS で慣れている自分にはちょっと辛かったです。。。

会社の環境について

キッチン

クックパッド に社にはキッチンがあります。会社が用意した食材を利用して自由に料理を作成できます。 カレー、パスタ、餃子、色々な料理を作ることができます。(面倒なので麺類でソリューションしまうことも。。。。

ちなみに、ヨーグルト、フレーク、はちみつとかも自由に使って料理を作れるので朝ご飯もソリューションできます。

社風

基本的には料理を作るのは好きな人が多い印象。

イケイケな企業にありがちな治安の悪いSlack、Twitterで使われるような語録がSlack のアクションに入ってたりします。 ただ、一点 :visualstudio: で出てくるアイコンに疑問を持ちました :question: :waiwai: :bona_bona_:

Twitter と同じノリで社員の人と話せれるのは良さみが深い :saikoukayo:

社員

基本的にイケイケな人が多くていい感じ。

あと、普通にすごい人が社内を歩いててやばい(語彙力)

チキチキ(社内飲み会パーティ) で Ruby のコミッターの人と型について話込めました... (TAPL の翻訳者?だそうです)

クックパッド のインターンシップだから学べれること

インターンシップに参加してる人

超優秀な人が多すぎた...(技術力ェ...

優秀な人はほんとすごいので自分が技術力で立ち向かうのはきついなぁと再認識。

また有名な大学(東京6大学とか関関同立とか)の院生の人が多くてちょっとおつらみな...

サービス開発主導

エンジニアの人も基本的にはユーザーに求められる物を作るために技術が存在してるみたいな感じです。

うん、自分が今まで技術主導で色々やってきたので色々見直す必要がありそう...

技術に挑戦することが評価されてそうな感じ

締め切りまで時間があまりない中で技術的な挑戦をしようか迷ってた時に 「時間的制約が厳しい中でも新しい技術に挑戦する人が伸びる」と言われました。

まとめ

クックパッド のインターンシップではかなりのことが学べました... (語彙力ェ

次のインターンシップはどこ行くの?

次は、 サイボウズiOS/RxSwift をしてきます。

Rx はいいぞ((

私が インターンシップに行く理由。「行かない理由に対する意見記事」

僕が今年インターンに行かない理由 - Man page of CHIKU_WAIT(2)

@chikuwa_it 氏が上記のような記事を投下していました。

私は、氏の記事に書かれていることに大体賛成です。しかし、インターンシップには行かない理由を上回るメリットがあると考えています。
(もちろん、氏とは立場が違うので最適解はそれぞれ違うかなとはと思います。

氏がインターンシップに行かない理由は以下のようだと認識しています。

  • 東京に行くのにつかれた
  • インターンに行くことが目的になってしまった
  • 自分のやりたいことができなくなってしまった

インターンシップに行かない理由に対する私の意見

東京に行くのにつかれた

大体の就職イベントが東京で行われるのは自分も同意です。
私は愛知県に住んでおり、2時間で東京へ行くことができる場所に住んでいます。
とはいえども往復するためにはかなりの費用がかかります。

また、無駄に人が多いため電車に乗るとおしくらまんじゅうで辛い(という内容を山手線に座りながら執筆している。

インターンに行くことが目的になってしまった

これも同意、手段と目的を混同するのは良くないですよね。

インターンシップにたくさん行くことが大事って価値観を持った人が周りにいないのでよくわからないのですが。
インターンシップにたくさん参加したけど何も得れてない人よりインターンシップでたくさん得た人の方が良いのは火を見るより明らかでしょう(ブーメラン)

自分のやりたいことができなくなってしまった

逆求人に行くことでかなり時間が取られるのもわかります。

東京で行われるため地方に住んでいる人は1日かかるイベントです。
とはいえども、逆求人自体も数回参加すれば参加企業が被ってくるのでそこまで参加しなくない..? と自分は思います。

とはいえ、研究とか何か作ってるとかでインターンシップに行ってるのがもったいないってのもわかる。

インターンシップに行くことでデメリットを上回るメリットがあると思う理由

自分の意見はこんな感じです。

  • 実業務で役立つレベルの知識を得ることができる
  • 会社の学生に対し求めるレベル・ポイントを把握することができる
  • 自分は何をしたいのかを確かめることができる

実業務で役立つレベルの知識を得ることができる

これは、社会人エンジニアと同じレベルのことをできるようになるという意味ではありません。
とはいえども、そもそも学生ってバージョン管理については何も知らないの(必要性を感じない)がデフォルトです。
また、MVVM 等のアーキテクチャや見やすいプログラムについても知らない場合がほとんどです。(すでにできる強い人がいるのも知ってる)(上記をしっかりできる企業にインターンシップ行ったことしかないためできない企業に行く人はあまり知らない)

自分も趣味の開発においては上記のような知識を活用しています。とはいえ、それはインターンシップで初めて知った知識だったりします。。。

就職してから でも知識得られるって意見があると思います。 けど、就職時にすでにある程度の知識を持ってると有利になるよねってのを周りの大人から聞いています。

会社の学生に対し求めるレベル・ポイントを把握することができる

たぶんインターンシップってB3, M1 のような就活が本格的に始まる前の時期に行くことが多いかと思います 。
転職等でもそうだとは思いますが、自分の市場価値を知っておくのは必要だと思っています。 (自分に合ったとこに行きたいよね)

また、自分が企業に対しアピールするときにどこを言うと効果的なのかを知る機会が増えます。
同じことをした人でも自分のことを100 %伝えれる人の方が自分に合ったところに行きやすいですよね。

自分は何をしたいのかを確かめることができる

そもそも自分がどのような企業に就職したいのかについて書きます。

自分は仕事が楽しい!と思える会社で働きたいです。

仕事が楽しいと思える仕事をしていると

  • 仕事で辛いことがあっても頑張れる
  • 楽しいから長時間でも働けて成果をたくさん出せる

と言うような観点で会社を探し、その会社が実際に合っているのか。を確かめれるのはそこ会社で働くしかありません。お試しで働ける制度、インターンシップ。

あれだ、簡単に言うと誰かと付き合うのに一回も会わずに付き合うのは多分ないよね的なやつ。

まとめ

インターンシップを目的に参加するのはほとんど意味ないと思う。けど、インターンシップは、得ようと思えば色々得ることができるから頑張ってね!!

MacBook Air から MacBook Pro 15 inch 2018 に乗り換えた感想 重い!でかい!スペック高い!

MacBook Air 2013/i5/8GB から MacBook Pro 2018/i7/32GB に乗り換えました。

将来的にMacを使うことの方が多くなりそうなのでMacを更新しました。 基本的にMac で行う作業はこんな感じ。基本的にはプログラミングと文字打ったりですね。

概要

pros

  • CPU の性能が上がったので圧倒的生産性
  • 画面が大きいのでソースコードを一度にたくさん見れる
  • ストレージが大きいのでいくらでも保存できる
  • トラックパッド
  • キーボード

cons

  • 片手でちょっと辛いほど重たい
  • ファンの音が煩い
  • TouchBar 不要論

購入に至るまでの経緯

性能ちょっと辛い

MacBook Air 2013 年のモデルを利用してました。デュアルコアのi5 が乗ったモデルです。
支部インターンシップに行ってAndroid アプリを作ってた時に強く痛感したのですが、 CPU のパワーが足りない
ビルドに7分ぐらいかかってチョー辛かった
インターンシップが終わってからもプログラミングをして行く中でCPU がボトルネックになることが多々ありました。

それだけではなく、 Android SDK やらなんちゃらで新しいものを入れようとしても SSD 128 GB では流石に辛かった。。。

ということで新しいMacBook Pro が販売されるのを待ってました。(5月ぐらい)
Intel が第8世代で6コアを搭載したCPUを既に発表しており、今後MacBook Proに搭載されるのはほぼ確定な状態でした(まだ GeekBench の結果が漏洩されてはなかったですが、理屈で考えればそのうち更新するだろうと

個人的に購入する前はCPU に苦しめられていたということもあり6コアのモデルを買うと心に決めてました。

新型MacBook Pro の発売

そうこうしているうちにゲリラ的にアップルから MacBook Proの 2018 年モデルのプレスリリースがTwitterで回ってきました。

速攻で買いましたよ...(ローンだけどね!

買うときもかなり悩みました。

13 inch を選択するとCPU が必然的に 4コアになってしまう。
15inch だと 6コア搭載モデルが買える。しかも i9 モデルも登場していた。

お金がない!!

とかとか、

最終的には以下のようなスペックのやつを買いました。

大きさ -> 15inch
CPU -> i7
メモリ -> 32GB
ストレージ -> 1TB

15inch は必然的にタッチバー有りのやつになります。

各種感想

CPUの性能

めちゃんこ早くて快適

Gradle install が初期状態で 3s ぐらいで終わる。やばい(語彙力)

それ以外でも大抵のことは早めに終わります。

画面の大きさと重さ

15 inch で以前使っていた13inch のやつよりも一回り大きくなりました。
それだけではなく、Retina ディスプレイになったことで解像度もかなり上がりました。

結果的には画面に二つ並べてコーディングしたりできるようになったので効率はかなり上がったかなと。
使っているリュックも15inch のパソコンが入るやつだったので持ち運びにも不便していない感じです。

リュックで持っているときはあまり感じませんが、片手で移動するときとかに重さが結構きますね... 13 inch にすればよかったのか迷う...

ファンの音

MacBook Airでもファンが付いていたので負荷をかけると鳴ります。しかし、MacBook Proのファンの音はそれ以上(体感5割増し) 講義室とかで負荷をかけまくると周りに迷惑かけそうなのであまりかけないっすよね...

Touch (bar|ID) 不要論

一通り必要なアプリケーションをインストールして使っていますが、ほとんど使っていません。
唯一Touch bar を使ったところは、 SafariYoutube を見ている時に Picture in picture するとき ぐらいです。

また、個人的に Apple Watch を利用していることもあり Macを開くと自動でロックを解除してくれます。 ので、 Touch ID もほとんど使わないです...

トラックパッドの大きさ

ここは使うまで気づかなかったのですが、トラックパッドがかなり大きくなりました。
操作性がここまで向上するのか.. と驚いてます。

また、物理的に押し込むのではなく、ちょっと押すとトラックパッド自体が震える感じに変更されています。
MacBook Air で心配だった トラックパッド押してクリックしてると壊れそうで怖い問題 が解決されているので安心です。

キーボード

MacBook Air のキーボードはレガシー感あるストロークのしっかりしたキーボード。   
対してMacBook Pro (2018) はペチペチキーボード。  

どちらがいいのかはわかりませんが個人的にはどっちもよかったかなと...

ペチペチキーボードの方が若干騒音がでかいので嫌ですね...

細かいところで行くと MacBook Pro 2018 のキーボードからOption とか Control とかではなくショートカットキーの説明に書いてあるアイコンに変更されているので初心者に優しくなっています。

まとめ

なんだかんだ書きましたが以下のような使い分けで落ち着いています。

重い作業やプログラミング

MacBook Pro

荷物軽くしたいときや軽い作業

MacBook Air

write by MacBook (Pro | Air)

ぷっちょ の白くま味が最高すぎる件について

大好きなお菓子に 白くま ってのがあります。

最近コンビニに行ったら白くまがぷっちょになってる!ってことで買って見ました。
写真はこんなの↓

パッケージがちょっと上品な色合いです。

味はどうなの?

こういう連携商品でよくあるのが味が再現できてなかったりなんだか微妙な味だったり...

とはいえ、これは白くまの味が無事に再現しつつぷっちょの食感な感じです。

食べてて後味が微妙に爽やかになっているのが良いかなとも...!
暑い夏に食べたくなる感じです(最後の一個を口にくわえながら

HUAWEI P20 lite を購入した!!1週間経過レビュー! 安くてコツを抑えた最高端末

HUAWEI P20 lite (以下 P20 lite)をAmazon Prime セールで購入しました。

割と最近発売された端末で Android 8.0 が搭載されています。 最近に発売されたやつなのでOS のサポートもずっと続くかなーと.
購入した理由は、最新のトレンドを抑えつつも価格が比較的安価(3万円前後)だったところです。

P20 lite の重要なポイント

  • 顔認証&指紋認証のダブル認証
  • ベゼルレス
  • USB Type-C
  • デュアルカメラ
  • Android 8.0 搭載
  • 価格が3万円前後

顔認証と指紋認証

持つだけで自動でロック解除してくれるのは便利。指紋認証の読み込みは高速だし、顔認証も少しマスクしてても認証してくれる

多分一番良いポイントは、両方の認証を利用してるってところ。
指紋認証だけだと指を不自然に移動させなければいけないことがあるので面倒。顔認証だけだとがっつりマスクしてたりよそ見しながら解除したいときに面倒。

USB Type-C

既存のUSB Type-B の端末は家に転がってたりしてケーブルはそこらにあります。けど、USB Type-C の端末はそんなにないので追加でケーブルを買うのが面倒でした。

とはいえども、上下を意識しないでも良いし充電早いしで使える子な印象。

小ネタですが、P20 lite の充電セットで MacBook 君を充電して見たら 5V(?) しか充電されませんでした...(とはいえパソコン向けとスマホ向けでは求められるのが違うのでまぁわかりみ深い

Android 8.0

プライベートな端末で使ってる Android のOS のバージョンが 5.0 で流石に時代についていけてなさを感じてたので更新したかった..

Android 8.0 で便利機能が増えてたりするのでよかった感じ。

バッテリーの持ち

安めなスマホによくあるのが搭載しているバッテリーが弱いってところ

主に大学と家の行き帰りでTwitterをして利用したところガリガリ合計 3時間 程度使っても家について 40% ほど残っています。 (大学内でも使ってるから実際はもっと持つのかも...? 3Dバリバリ使ったゲームとかあまりしないのでよくわかりませんが、ネットワーク通信をかなりするTwitterを見ても余裕ってことはかなり強い子なのかなーとか思ってます。

デュアルカメラ & デフォルトのアプリ

最近の流行りのデュアルカメラ搭載です。 画質は良い感じですぞ

デフォルトのアプリが Huawei 独自っぽいのがいくつか入ってます。 独自、そこまで使えそうなアプリは入っていませんが、カメラアプリだけは使える子です。

カメラアプリによくある HDR や プロカメラ さらには 食べ物を美味しそうに撮る機能ってのも入ってます。

Huawei中国企業なのですが、中華企業らしいカメラアプリの機能が入ってたりします。

中国の Tencent (UnrealEngine や KakaoTalk、bilibili 動画 などに手を出している企業) の Pitu の機能がカメラアプリに統合されています。 // ラルフさんから教えてもらいました Cacao -> Kakao 機能的には Snow とかいらない子になる感じですかねー!

もしよければこのリンクから買っていただけると明日の昼飯を大盛りにできます...!

Excel で文字列を結合する CONCATENATE を使う

Excel でセルに入っている文字列を演算子だけでは結合できなかったのでブログにした感じ

  • 演算子でプログラミングとかでやってるみたいに結合しようとするとなぜかエラーになってしまいます。

f:id:kuxumarin:20180725003419p:plain

CONCATENATE って関数を使うと文字列の結合ができます。

f:id:kuxumarin:20180725003511p:plain


補足

コメントいただきました。

CONCATENATE 関数は CONCAT 関数に置き換えられたそうです。 CONCAT

support.office.com

また、 + ではなく & の演算子を使うと簡単に文字列結合できるそうです!