くうと徒然なるままに

ゆるふわ を志向している なごやかです。

De:code の荒井省三さんのインサイド UWPアプリ(CLT-012) を受講しての感想

De:code の振り返りブログを見ていてもインサイドUWPアプリ(CLT-012)の振り返り記事を書いている人が見つけれなかったため、書きます。

あんた誰よ?

コンピュータサイエンスを学んでいる学生さんです。

受講のきっかけは?

某じんぐるさんの倍プッシュを受けたので、受講してみました。

感想を一言で!

カルチャーショックを受けました!!

内容は?

一応、資料の事前公開を見て参加したのですが、資料を見ているだけでは内容がわからなかったです。

セッション中に、荒井さんが

資料だけ見ていても内容は分からないけど、受けた方は資料を見れば思い出せますよね? と言っていて、独特だなーと感じました。

UWP の基礎について深く教えていただきました。スライドが数枚しか経っていないのに、Process Exproler を起動しちゃうぐらい深いところのお話でした。 スタートメニューやCortana がUWP アプリでできてるよーってのは、意外だなーと感じました。

受講する前は、荒井さんは、大学の図書館で借りたすごい読みやすいプログラミングの本の著者さんだなーというぐらいの印象でした。セッションもホント同じぐらい分かりやすくて、難しい内容のはずですが、するすると頭に入っていくので、いつかは、荒井さんのように説明が上手くなりたいなーと思いました。

まとめ

来年も、De:code の荒井さんのセッションを聴けるように頑張りたいです!!