くうと徒然なるままに

超高校生級のXamariner です。

Windows Device Portal の概要について

  • [:contents]

    概要説明

Windows Device Portal は ブラウザからWindows の搭載された端末の様子を見たいなー、とか アプリをリモートでインストールしたいなーって時に使います。 以下のスクリーンショットWindows 10 Desktop の Windows Device Portal をウェブブラウザで開いているものです。

Windows 10 IoT Core や Hololens を使ったことがある人は、使ったことがあるかもしれません。

説明

Windows Device Portal は、Windows 10 IoT Core に最初に搭載されました。そのあと、Desktop, Mobile, Xbox, Hololens と様々な端末に搭載されていきました。

Windows Device Portal は ネットワーク・USB を通し、Windows 10 の搭載されたデバイスの構成と管理を行えます。例えば、トラブルシューティングやデバイスのパフォーマンス状況を表示・取得することができます。

個人的な意見ですが、Windows Device Portal を一言でいうと、WIndows 10 の動いている端末上で動いている Webサーバーだと思います。同じネットワークに繋がっている端末からデバイスにWebブラウザでアクセスして開くことができるからそう思います。 Windows Device Portal が動いている端末にWebブラウザが搭載されている場合は、自分の Device Portal を自分のデバイスで開くこともできます。 また、内部を見ていくとWindows Device PortalREST API で構成されています。 REST API を使うことでも様々な情報にアクセスしたり、制御したりすることができます。

Device Portal を利用するための簡単な説明をします。

  1. 開発者モードを有効にします。Desktop, Mobile, Xbox ではさらに設定から有効にする必要があります。
  2. 接続されるデバイスと接続したいデバイスをローカルネットワークもしくは、USBで接続します。
  3. 指定されたアドレスに指定されたポート番号でアクセスしてください 以下は、MSDN (https://msdn.microsoft.com/en-us/windows/uwp/debug-test-perf/device-portal) から引用してきたDevice family と それぞれで使われるポートの一覧です。
Device family On by default? HTTP HTTPS USB
HoloLens Yes, in Dev Mode 80 (default) 443 (default) http://127.0.0.1:10080
IoT Yes, in Dev Mode 8080 Enable via regkey N/A
Xbox Enable inside Dev Mode Disabled 11443 N/A
Desktop Enable inside Dev Mode 50080*1 50043*2 N/A
Phone Enable inside Dev Mode 80 443 http://127.0.0.1:10080

全てのデバイスファミリーで少しづつ繋げるポート等が違うので大変そうですね。。。

*1:ポートは常に同じではない

*2:ポートは常に同じではない