くうと徒然なるままに

ゆるふわ を志向している なごやかです。

Windows Subsystem for Linux で zsh を標準シェルに設定する

WindowsUbuntu を簡単に使えれる Windows Subsystem for Linux での 小ネタです。

zsh とは

雑に紹介すると、 bash をより使いやすくしたシェルです。 コマンドの補完が強力だったり、個人に合わせてカスタムすることができたりと使いこなすと離れれなくなります。

詳しくは、会津大のwiki を見るとよさげに乗ってますね。

http://technique.sonots.com/?UNIX%2F%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%2F%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E7%B5%84%E3%81%BF%E8%BE%BC%E3%81%BF%2Fzsh

やり方

1. zsh のインストール

以下のコマンドで入れることができます。 大学の Wifi で実行したらかなーり時間がかかったので、そこは注意が必要かも...(環境のせいであることを祈る

sudo apt-get install zsh

2. bash 起動時に zsh が起動するように仕掛ける

以下のコマンドで nano (テキストエディタ) を起動し .bashrc に設定を書き加えます。

$ cd ~
$ nano .bashrc

nano が起動したら、以下の設定を付け加えます。

# Launch Zsh
if [ -t 1 ]; then
exec zsh
fi

追記保存したら再起動でzsh がデフォルトで立ち上がるようになります。

f:id:kuxumarin:20180125001418p:plain

参考にしたウェブサイト

www.howtogeek.com