くうと徒然なるままに

ゆるふわ を志向している なごやかです。

Azure Functons を logic Apps から呼び出してみる

使いどころ

Logic Apps では処理できない部分をよしなにするために、 Azure Functions と連携するための方法について書きます。

環境

  • Azure Functions
  • logic Apps

使ったもの

全自動ついふぁぼ機 ( https://qiita.com/fumiya-kume/items/edc3b01b8143863e4fd4 )

Logic Apps から呼び出す方法

Logic Apps のコネクタの Azure Funtions を選択し、設定するだけです。

設定が完了すると Azure Functions 側に呼び出される準備の完了した関数が設定してあります。これをもとにしてコードを書いていきます。

https://camo.qiitausercontent.com/cd7e99da1b0854b19d325a67abce65f7836b8183/68747470733a2f2f71696974612d696d6167652d73746f72652e73332e616d617a6f6e6177732e636f6d2f302f3134333335342f63336230323164372d373738392d376337642d363235382d3738376664326338396664622e706e67

Logic Apps から Azure Functions への値の渡し方

ここではまる人がいると思います。

値を渡すときは json の形式で渡してください。

Azure Functions 側から値をうけとる方法

NodeJs で書いている場合は、 data.{先ほど渡したJsonのプロパティ名}で受け取ることができます。