くうと徒然なるままに

ゆるふわ を志向している なごやかです。

Xamarin.Android で作成した アプリの Amazon Android アプリストア へアップデート用バイナリを上げるときに、「バイナリのアップロードに失敗しました。アプリでアップロードされたすべてのバイナリのバージョンコードは一意である必要があります。バージョンコード"1"でアップロードされたバイナリは、旧バージョンのいずれかの既存のバイナリのバージョンコードと競合しています。」と出たから解決してみた

Xamarin.Android で作成した アプリの Amazon Android アプリストア へアップデート用バイナリを上げるときに、「バイナリのアップロードに失敗しました。アプリでアップロードされたすべてのバイナリのバージョンコードは一意である必要があります。バージョンコード"1"でアップロードされたバイナリは、旧バージョンのいずれかの既存のバイナリのバージョンコードと競合しています。」と出たから解決してみた

エラー内容画像

環境

  • Amazon Android アプリストア ですでにアプリを公開している
  • Xamarin.Android 製アプリの .apk 出力
  • すでに公開しているアプリに対しアップデートのために .apk ファイルをアップロード時に発生

解決策

Xamarin.Android のプロパティの中にある Android マニフェスト のところから、バージョン番号とバージョン名を変更したらおkでした。

Xamarin.iOS で System.NotSupportedException. ってエラーが出たから解決してみた

エラーメッセージ

System.NotSupportedException: Encoding 932 data could not be found. Make sure you have correct international codeset assembly installed and enabled. 

環境

解決方法

iOS ビルドの詳細設定の 国際化の設定のところの、 CJK をオンにする

参考サイト

stackoverflow.com

Private Method を Unit Test する

Twitter でこのようなツイートを見つけたので、少し書いてみた

なにするの?

ChainingAssertion ってライブラリを使ってサクッとプライベートメソッドをテストできるよってお話。

やりかた

まずは、 クラスライブラリと MSTest なプロジェクトを適当に作ります。

Nuget で MSTest のところに、 ChainingAssertion で検索して入れます。すると、 ChainingAssertion,MSTest.cs というCsharpファイルが作成されます。(パッケージの実態は、ここに定義された拡張メソッド群です。
ドキュメント代わりにもなる。

実際に使用するときは、 {ClassName}.AsDynamic.{Private Method Name}() as Type(引数の型) って感じで使います。

ソースコード

まとめ

ChainingAssertion はいいぞ

Xamarin 勉強会 in 名古屋 を開催しました。

色々あって投稿が遅れましたが(^◇^;)… JXUG と MSP (Microsoft Student Partners) が共同で勉強会を開催しました。
場所は、 日本Microsoft 中部支社を借りて行いました。
なんと、 38 名もの方にご応募いただき、さらに補欠枠がいくつかできるなど、ありがたい限りです。
内容は、 登壇 4本 + LT でした。

jxug.connpass.com

入門的内容から、基礎的な内容までバランスよく混ぜれたかなと思いました。

私は、 「Xamarin を VSTS で便利に使う」という内容で登壇させていただきました。

参加者の声

f:id:kuxumarin:20170419124136p:plain

感想紹介

たくさんのコメントありがとうございます。紹介しきれないので、いくつかピックアップしてご紹介します。

@amay077 さんのセッション

Xamarin.Android で始めるクロスプラットモバイルアプリ開発

  • xamarinで実際に共通化できる部分を具体的に知れてよかった
  • 初心者ながら、何をしたらいいかが掴めました。それから、専門的な事柄多く、なかなか聞けない内容だったので楽しかったです。

@chomado さんのセッション

Visual Studio Mobile Center とXamarin と Azure で作るiOS/Android アプリ

  • “内容は非常に分かりやすかったし、3/14の東京でのセミナーになかった内容もあり、いろいろ新しい事も知ることが出来ました。 ただ、ちょっと時間が長かったように感じました。(あと10分くらい短いとちょうど良いかな、と感じました。)”
  • 概要を知りたかったので基本から応用まで網羅でき良かった。

@kazuki_kachi さんのセッション

今更だけどReactive

  • 難しかったですがRxを勉強しようと思いました。
  • Rxを丁度勉強したいと思っていたのでやくにたつと思いました

@fumiya_kume さんのセッション

VSTS で Xamarin を便利にする!

  • “(学生向けサービスの紹介のため)知らなかったことだったので、「こういうのもあるんだ」と言う事を知ることが出来ました。 時間の関係で多少端折らざるを得なかったと思うので、次回はじっくり話を聞けたら、と思います。”
  • VSTSについてもっと詳しく知りたいと思いました

より良いコミュニティ/勉強会の運営でご希望やコメントがあればお知らせください。

  • 定期的なもくもく会や勉強会ができればいいと思います。
  • 超超超初心者向きの勉強会も、もしよかったら開催してください。
  • JAVAをやっていたが、アプリ開発も視野に入れたく、xamarinの基本的な勉強会があって良かったです。

写真

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17834834_1475247772548580_7212286940498090492_o.jpg?oh=aa63a3b936ee0215565ac1526ffae703&oe=598C0C64

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17854771_1475247719215252_5552700728008388482_o.jpg?oh=ff21cbe3e5d982210b7012f71955b2a8&oe=59814B72

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17807451_1475247509215273_1396018021337513351_o.jpg?oh=8014ae57a971c0d52e30f5a6980b5910&oe=59997B3E

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17854858_1475247342548623_3954597159149668244_o.jpg?oh=1695dcc7c1dff9c8926f2bd8b5c63445&oe=59882E95

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17879920_1475247242548633_1456003615563702401_o.jpg?oh=457e8c57357b432d584e99f7630c4389&oe=598315D7

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-0/p296x100/17796825_1473534649386559_838954676787632599_n.jpg?oh=b9c1d1df08d381a89051ca747db32d1c&oe=594DDB27

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17854754_1475247895881901_4672113518321911407_o.jpg?oh=c1c99157f4e1b50afd99abb221045147&oe=598807A6

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17855471_1475247989215225_8943432429250987293_o.jpg?oh=29438cfb733997285685d76f399d88fb&oe=59902787

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17834099_1475248085881882_6049245659893178580_o.jpg?oh=0283a03fe7d06b2aefcf6fc407f3cf85&oe=598B4EB6

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17834840_1475248735881817_392619415528262172_o.jpg?oh=4da99411c2a9a598e7609b29f06b6e17&oe=5992444C

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/17800254_1475248942548463_4921846407256770102_n.jpg?oh=ed23fa6093b007292d48108569be2e32&oe=597C1C27

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/17807225_1475249725881718_116702526923608415_o.jpg?oh=9a5556a5d30e7bd73aef18c9c85731c0&oe=59517596

.NET STAMDERD LIBRARY をが含まれている Xamarin.iOS プロジェクト で "ConvertPdbToMdb" タスクが予期せずに失敗しました。 って出るから解決してみた

エラー

重大度レベル コード 説明 プロジェクト ファイル 抑制状態
エラー “ConvertPdbToMdb” タスクが予期せずに失敗しました。Pdb2Mdb.PortablePdbNotSupportedException: Portable PDB ‘C:\Users\User Name\Source\Repos...\obj\Release\netstandard1.0\Project Name.pdb’ can’t be converted to mdb. Consider setting the project ‘DebugType’ property to ‘Full’. 場所 Pdb2Mdb.Converter.Convert(String filename) 場所 C:\d\lanes\4471\3f99c5a7\source\xamarinvs\src\MSBuild\Xamarin.iOS.Tasks\Pdb2mdb\Driver.cs:行 43 場所 Xamarin.iOS.Tasks.ConvertPdbToMdb.Execute() 場所 C:\d\lanes\4471\3f99c5a7\source\xamarinvs\src\MSBuild\Xamarin.iOS.Tasks\Tasks\ConvertPdbToMdb.cs:行 26 場所 Microsoft.Build.BackEnd.TaskExecutionHost.Microsoft.Build.BackEnd.ITaskExecutionHost.Execute() 場所 Microsoft.Build.BackEnd.TaskBuilder.d__26.MoveNext() Project Name.iOS

解決方法

NET STANDARD Project の プロパティの詳細設定を開く

デバッグ情報を Full にする

参考サイト

https://bugzilla.xamarin.com/show_bug.cgi?id=53474bugzilla.xamarin.com

リセットした Mac を Xamarin Mac Agent として設定できなかったから解決した。

状況

状況

Xamarin Mac Agent として Mac たんを設定しようとしても、できなかった。

ログファイルより

Xamarin.VisualStudio.Remote.State.DisconnectedState|Error|0|Mac に対して接続し、作業するには、Xcode ライセンスに同意する必要があります

やったこと

1. Xcode CLI Tool をインストール

ダウンロードリンク

https://developer.apple.com/download/more/developer.apple.com

Xcode の場所を設定

$ sudo xcode-select -s /Applications/Xcode.app/Contents/Developer

Xcode のライセンスに同意

$ sudo xcodebuild -license

新しい SSH フィンガープリントに同意

f:id:kuxumarin:20170413195615p:plain

完了

まとめ

知っていれば、どうでもいいかもしれないけど、知らないとつらい案件

VSTS のビルド結果を Github Badge として表示する方法

VSTS のビルド結果を Github Badge として表示する方法

Github Badge とは

Github へビルド状態のステータスとか Gitter へのリンクなどの小さな画像リンクを表示できるサービスです。

こんなの

今回は、 VSTS のビルド結果を Github で表示しようってやつです!

ほかの種類のbadgeについてはここが詳しい

qiita.com

やってみる

1. VSTS の適当なビルド定義の編集画面を開いてください

2. Options のタブを開いてください

3. Badge Enabled をクリックしてON状態にしてください

ONにしたら一回SAVEしてください

4. 出てきた URL をコピーしてください

テキストボックスの右側にあるアイコンをクリックするとテキストのコピーができます。

5. Github の 編集したい README ファイルの編集画面を開く

その中に以下のテキストを打ち込みます。

![]({さっきコピーしたURL})

6. 見てみる

わーい!