くうと徒然なるままに

ゆるふわ を志向している なごやかです。

Azure Mobile Apps をUWPアプリで使ってみた(コードを一から書いてみた編)

自己紹介

初めまして、大学一年生のくぅと言います。 C# と Xamarin を好きです。 まだまだ未熟ですが、色々吸収していきます。

やっていくこと

前回は、Azure Mobile Apps をクイックスタートで利用できるサンプルを動かしてみました! 今回は、TODOアプリを実装しながら、中身を見ていきましょう!

Mobile Apps については Mobile Apps について調べたからまとめてみた をご覧ください

それでは作業を開始していきます。

UWP アプリを作成する

UWP アプリを作成中

UWP アプリの作成画面

Mibile Apps 側の準備

Azure のポータルにアクセス

Azure の Portal の画像

Azure Mobile Apps を作成

今回は、前回作成した Azure Mobile Apps をそのまま利用します。 詳細は、以下を参照

[http://kuxumarin.hatenablog.com/entry/2016/12/23/Azure_Mobile_Apps%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AEUWP%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%Bf:id:kuxumarin:20161226153617g:plain3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%92:embed:cite]

1. Conenct Client App をクリック

f:id:kuxumarin:20161226153048p:plain

2. Azure Mobile Apps のサンプルコードを出す

今回は、UWP で使っていくので、Windows(C#) を選択します。 また、そのままでは、サンプルをダウンロードするボタンしか表示されないので、CONNECT AN EXSITING APP を選択し、サンプルコードが表示されるようにします。

f:id:kuxumarin:20161226153126p:plain

コードディング

Azure に接続するためのクラスを作成

  1. Nuget から Azure Mobile Apps 用のパッケージを追加

  2. Model フォルダを追加

  3. Model フォルダの中にAzureMobileApps.cs を追加

Azureとつなぐクラス

以下のコードを作成しました。

using System.Collections.Generic;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.WindowsAzure.MobileServices;

namespace MobileApps_Test.Model
{
    public class AzureMobileApps
    {
        // Mobile Apps のクライアントを作成
        private static MobileServiceClient MobileApps => new MobileServiceClient("https://kuxu-quickstart-test-12-23.azurewebsites.net");

        // TOODのリストを読みこむ
        // Whereメソッドを使用することでデータに対してフィルターすることができる
        public Task<List<TodoItem>> GetTodoASync() => MobileApps.GetTable<TodoItem>().Where(item => item.Complete == false).ToListAsync();

        // TODOを追加する
        public async Task AddTodoAsync(TodoItem todo) => await MobileApps.GetTable<TodoItem>().InsertAsync(todo);

        // TODOを削除する
        // 削除する行は、DeleteAsync で渡されるインスタンスの”ID” に格納されている文字列で判断する
        public async Task DeleteASync(string key)
            => await MobileApps.GetTable<TodoItem>().DeleteAsync(new TodoItem() {Id = key});
    }
}

  1. Model フォルダの中にTODO を保存するためのデータ構造を定義

クイックスタートで作成すると、Easy Table*1 に最初からテーブルが作られているので、それを利用します。 そのためのデータで意義として、 以下のようなコードを作成しました。

データ構造

namespace MobileApps_Test.Model
{
    public class TodoItem
    {
        public string Id { get; set; }
        public string Text { get; set; }
        public bool Complete { get; set; }
    }
}
  1. UIとUIに関するコード

StackLayout でテキストブロック、ボタン、リストビューを並べました。

UI定義

<StackPanel Background="{ThemeResource ApplicationPageBackgroundThemeBrush}">
        <TextBox x:Name="TodoTitle" Text="" PlaceholderText="TODOTitle"></TextBox>
        <Button x:Name="AddTodoButton" Content="AddTODO" Click="AddTODOButton_Click"></Button>
        <ListView x:Name="TODOListView" Tapped="TODOListView_Tapped"  >
            <ListView.Header>TODO</ListView.Header>
        </ListView>
    </StackPanel>

UIに関するコード

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using Windows.UI.Xaml;
using Windows.UI.Xaml.Controls;
using Windows.UI.Xaml.Input;
using Windows.UI.Xaml.Navigation;
using MobileApps_Test.Model;

// 空白ページのアイテム テンプレートについては、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=402352&clcid=0x409 を参照してください

namespace MobileApps_Test
{
    /// <summary>
    /// それ自体で使用できる空白ページまたはフレーム内に移動できる空白ページ。
    /// </summary>
    public sealed partial class MainPage : Page
    {
        public AzureMobileApps MobileApps { get; set; } = new AzureMobileApps();

        public IEnumerable<TodoItem> TodoItems { get; set; }

        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();
            
        }

        protected override void OnNavigatedTo(NavigationEventArgs e)
        {
            base.OnNavigatedTo(e);
            // このページに来たら、リストビューにTODOをセットする
            RefreshTodoListView();
        }

        // TODOをAzureから取得して、リストビューのアイテムソースにセットする
        private async void RefreshTodoListView()
        {
            TODOListView.ItemsSource = (await MobileApps.GetTodoASync()).Select(item => item.Text);
        }

        private async void AddTODOButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            await MobileApps.AddTodoAsync(new TodoItem()
            {
                Complete = false,
                Id = Guid.NewGuid().ToString(),
                Text = TodoTitle.Text 
            });

            // TODO を追加したらテキストボックスを空にする
            TodoTitle.Text = "";
            RefreshTodoListView();
        }

        // リストビューをタップしたら、タップしたアイテムを削除する
        private async void TODOListView_Tapped(object sender, TappedRoutedEventArgs e)
        {
            // タップしたアイテムのテキストを取得
            var tappedString = TODOListView.SelectedItem as string;
            // タップしたアイテムのテキストからTODOを特定する
            var teppedItem = (await MobileApps.GetTodoASync()).First(item => item.Text == tappedString);
            // TODOを消す
            await MobileApps.DeleteASync(teppedItem.Id);
            RefreshTodoListView();
        }
    }
}

動かしてみた

f:id:kuxumarin:20161226154834g:plain

感想

SDK(?)が非常によく作られていていい感じでした。 UWPアプリはC#が使えるので、LinQ を使って取り出したデータを調理できるので、楽でした。

Azureテクノロジ入門2016 (マイクロソフト関連書)

Azureテクノロジ入門2016 (マイクロソフト関連書)

Microsoft Azureへの招待 (NextPublishing)

Microsoft Azureへの招待 (NextPublishing)

*1:データベースを手軽に使えるようにしてくれるMobile Apps の機能、今回はSQLite を使っています